おっぱいバレー

おっぱいバレー おっぱいバレー
読んだ。

タイトルに惹かれたわけではない。だんじてない。

地区大会で優勝したら美人教師におっぱいをみせてもらうという約束をしたバレー部のダメ中学生たちが、成長していくというお話。
舞台が浜松(三ケ日)と聞いていたので前から気になっていたのだ。「泣ける」という人も結構いたのでそれも楽しみだった。

ギャグ重視のリアリティがない物語だが(中学生がツバメ返しで天和あがったりする)、友情とか男気とかそういう要素もあって、飽きずに最後まで一気に読めた。
漫画向きのストーリ展開なので、そっちも希望したいところだ。映画化は決定したらしい。

<< Motion Portrait Site Top 割り箸の正しいリサイクル >>

Comments

K一郎
2007/03/22 10:11 AM
ひさしぶりにコメントします。
すまぬ。タイトルにしか惹かれません。
おもしろそうだから読んでみようかな。
三ケ日っていいとこだな。