ワイン初め

先週、今年初のワインパーティが開催されました。
今年も美味しいワインがたくさん飲めますように。
ちなみに、今年の目標はシャトー・ラトゥールとシャトー・オー・ブリオンを飲むことです。頑張って貯金して達成しないと。

Nicolas Feuillatte Millesime(ニコラ・フィアット ミレジム)
MP: 85
w20100114_1
りんごジュースのような香り。酸味と甘みのバランスが自分好みでした。

Quady Deviation(クアディ デビエーション)
MP: 83
w20100114_6
ハーブを浸して香り付けした変わったデザートワイン。
精力剤になるそうです!
deviationは数学だと偏差という意味で出てくる用語ですが、もともとは逸脱という意味だそうです。たしかに逸脱したワイン。勉強になるなあ。

朝日町ワイン スパークリングナイアガラ
MP: 85
w20100114_7
ナイアガラ品種で作った山形のスパークリングワイン。
まるでブドウの粒をそのまま食べてるような新鮮な香りと甘み。どんなにワイン嫌いな人でも美味しく飲めると思う。

CALERA JENSEN(カレラ ジェンセン)
MP: 90
w20100114_3
ちょっとゴージャスにデイリーワインを飲むときは カレラのセントラルコーストを飲んでいるのですが、ジェンセンはその4倍ぐらいの価格がするようです。
初めて飲みましたが、明らかにセントラルコーストより熟成していて、すげえウマイ!でも4倍の価値があるかは微妙かな。

Chapoutier. Domaine Tournon Mount Benson Shiraz(シャプティエ ドメーヌ・トゥルノン マウント・ベンソン シラーズ)
MP: 88
w20100114_4
シャプティエがオーストラリアでビオ農法で作ったワインだそうです。
これまた、すごいウマイ。値段もそれほどじゃないので、手元に常備したいです。
オーストラリアのシラーズのコストパフォーマンスってすごいですね。

Pommard Mis en bouteille par Leroy Negociants a Auxey-Meursault(ポマール)
w20100114_2
ルロワのネゴシアン物らしいです。開けてから2日経っていますが、それでもすごい美味しい。今年初でこんなすごいのを飲めて幸せ。

Chateau Mouton Rothschild 1987(シャトー・ムートン・ロートシルト)
w20100114_5
これも開けて2日経っていて、しかも残りがグラス1杯ぐらい。ルロワと対照的にこちらは完全にダメになっている模様。
味がつぶれてましたが、香りはちゃんと高級ワインの名残がありました。
ちなみに、お土産にこのボトルをいただきました。大事に飾ろう。

オーパス・ワン!

日曜日、家で昼飯を食べながら、今日はどうやって過ごそうか、また自転車で浜名湖走ろうか、それともむなしくFF13でもやろうか、などと考えていると、ワイン友達からメールがきて、 急遽新年会を昼からやることになりました。

んで早速行ってみると、なんとオーパス・ワンが
キタ━━━( ゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━( ゚∀゚ )━━━!!!!
一転して、良い日曜日になりました。

Opus One 2003 (オーパス・ワン)
MP: 91
送信者 vin


前からすごく飲みたかった!!!
コクがあるけど、やわらかくて飲みやすいワインだった。ラベルがものすごくかっこいいですね。
関係ないけど、Opus IIIというバンドが昔大好きでした。久しぶりに聞きたくなったな。

Les Larmes Vin Mousseux Demi Sec (レ・ラルム・ヴァンムスー・ドミセック)
MP: 85
送信者 vin

ワインの先輩のKさんから教えてもらったスパークリングワイン。
安いのにものすごく美味しい。これとモンサラのセミセコが1000円ぐらいで買えるスパークリングの中では一番好きです。

Calera Chardonnay Central Coast 2007 (カレラ シャルドネ セントラルコースト)
MP: 88
送信者 vin

カレラの白は初めて飲みましたが、美味しかった。
甘いわけではないけど、ハチミツの味が強烈にします。

Franck Maupouet Vino cacao Noir (フランク・モプエ ヴィノ・カカオ ノワール)
MP: 70
送信者 vin

なんとチョコレート職人が作ったワインだそうです。
カカオがワインに入ってて、ワインという感じがあまりしない。コーヒーで作ったリキュールみたい。
単体で飲むのはきついけど、ガトーショコラと一緒に飲んだら、いけました。

BOOST勉強会

無料モバゲーで有名なグリー主催で、昨年末に開かれたBOOST勉強会のスライドを一通り眺め終わった。
とりあえず面白かったのは

multi_index_container & intrusive

STLのset/mapは赤黒木で実装されていますが、boostのintrusiveというライブラリに、AVL木、スプレー木、スケープゴート木などの各種木の実装があります。
これをマルチインデックスコンテナのインデックスに利用できるようにカスタマイズした話。
それにしてもマルチインデックスコンテナの実装がものすごく綺麗でビックリ。ほんと勉強になる。

shared_ptr & weak_ptr

shared_ptrの目指したデザインゴールの話がものすごく面白い(11分過ぎくらいから)。
あと、DLL境界を超えたさいのshared_ptrの魔法のような動作を知らない方は是非みるべき(20分過ぎくらいから)。詳細はCryoliteさんのページがオススメ。
動的削除子の話を最初に知ったときには目からうろこでした。からくりは単純だけど、こんなの思いつかないよ。

coroutine

boostで yield return。まだまだ本採用には遠そうだけど、期待。

1/1