オーパス・ワン!

日曜日、家で昼飯を食べながら、今日はどうやって過ごそうか、また自転車で浜名湖走ろうか、それともむなしくFF13でもやろうか、などと考えていると、ワイン友達からメールがきて、 急遽新年会を昼からやることになりました。

んで早速行ってみると、なんとオーパス・ワンが
キタ━━━( ゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━( ゚∀゚ )━━━!!!!
一転して、良い日曜日になりました。

Opus One 2003 (オーパス・ワン)
MP: 91
送信者 vin


前からすごく飲みたかった!!!
コクがあるけど、やわらかくて飲みやすいワインだった。ラベルがものすごくかっこいいですね。
関係ないけど、Opus IIIというバンドが昔大好きでした。久しぶりに聞きたくなったな。

Les Larmes Vin Mousseux Demi Sec (レ・ラルム・ヴァンムスー・ドミセック)
MP: 85
送信者 vin

ワインの先輩のKさんから教えてもらったスパークリングワイン。
安いのにものすごく美味しい。これとモンサラのセミセコが1000円ぐらいで買えるスパークリングの中では一番好きです。

Calera Chardonnay Central Coast 2007 (カレラ シャルドネ セントラルコースト)
MP: 88
送信者 vin

カレラの白は初めて飲みましたが、美味しかった。
甘いわけではないけど、ハチミツの味が強烈にします。

Franck Maupouet Vino cacao Noir (フランク・モプエ ヴィノ・カカオ ノワール)
MP: 70
送信者 vin

なんとチョコレート職人が作ったワインだそうです。
カカオがワインに入ってて、ワインという感じがあまりしない。コーヒーで作ったリキュールみたい。
単体で飲むのはきついけど、ガトーショコラと一緒に飲んだら、いけました。

ワイン初め

先週、今年初のワインパーティが開催されました。
今年も美味しいワインがたくさん飲めますように。
ちなみに、今年の目標はシャトー・ラトゥールとシャトー・オー・ブリオンを飲むことです。頑張って貯金して達成しないと。

Nicolas Feuillatte Millesime(ニコラ・フィアット ミレジム)
MP: 85
w20100114_1
りんごジュースのような香り。酸味と甘みのバランスが自分好みでした。

Quady Deviation(クアディ デビエーション)
MP: 83
w20100114_6
ハーブを浸して香り付けした変わったデザートワイン。
精力剤になるそうです!
deviationは数学だと偏差という意味で出てくる用語ですが、もともとは逸脱という意味だそうです。たしかに逸脱したワイン。勉強になるなあ。

朝日町ワイン スパークリングナイアガラ
MP: 85
w20100114_7
ナイアガラ品種で作った山形のスパークリングワイン。
まるでブドウの粒をそのまま食べてるような新鮮な香りと甘み。どんなにワイン嫌いな人でも美味しく飲めると思う。

CALERA JENSEN(カレラ ジェンセン)
MP: 90
w20100114_3
ちょっとゴージャスにデイリーワインを飲むときは カレラのセントラルコーストを飲んでいるのですが、ジェンセンはその4倍ぐらいの価格がするようです。
初めて飲みましたが、明らかにセントラルコーストより熟成していて、すげえウマイ!でも4倍の価値があるかは微妙かな。

Chapoutier. Domaine Tournon Mount Benson Shiraz(シャプティエ ドメーヌ・トゥルノン マウント・ベンソン シラーズ)
MP: 88
w20100114_4
シャプティエがオーストラリアでビオ農法で作ったワインだそうです。
これまた、すごいウマイ。値段もそれほどじゃないので、手元に常備したいです。
オーストラリアのシラーズのコストパフォーマンスってすごいですね。

Pommard Mis en bouteille par Leroy Negociants a Auxey-Meursault(ポマール)
w20100114_2
ルロワのネゴシアン物らしいです。開けてから2日経っていますが、それでもすごい美味しい。今年初でこんなすごいのを飲めて幸せ。

Chateau Mouton Rothschild 1987(シャトー・ムートン・ロートシルト)
w20100114_5
これも開けて2日経っていて、しかも残りがグラス1杯ぐらい。ルロワと対照的にこちらは完全にダメになっている模様。
味がつぶれてましたが、香りはちゃんと高級ワインの名残がありました。
ちなみに、お土産にこのボトルをいただきました。大事に飾ろう。

今週はおいしいワイン飲みまくった [2]

その2。今回は、みんなで美味しいワインを持ち寄っての会でした。
写真がうまく撮れてなくてヴィンテージをほとんど忘れてしまったけど、後半の2本はどんなにアホでも絶対に忘れませんね。(61年と60年!!!)

それにしてもすごいワインを飲むと呆然とします。一年前は、ワインがそんなに感動させるものだとは思ってもいなかったのに。

BOURGOGNE ALIGOTE Domaine Michel Gros (ブルゴーニュ・アリゴテ ドメーヌ・ミッシェル・グロ)
MP: 75
w20091217_1
アリゴテ品種のワインは初めて飲みました。
すごくすっきりしていて、夏に冷やして飲むと美味しそう。

Simon Selosse Grand Cru Brut Blanc de Blancs (シモン・セロス ブラン・ド・ブラン)
MP: 80
w20091217_2
シモン・セロス氏は有名なシャンパン造り手のジャック・セロス氏の親類だそうです。これから価格があがるんでしょうか?
ガス圧がすごかった。香りが控えめで飲みやすいシャンパン。

Leflaive Macon Verze (ルフレーヴ・マコン・ヴェルゼ)
MP: 83
w20091217_8
これは以前にM氏から教えてもらったワインです。家に常備したいワインです。

LEROY Saint-Veran (ルロワ サン・ヴェラン)
MP: 81
w20091217_3
濃い黄色がきれいだった。

Chateau Giscours 1961(シャトー ジスクール)
MP: 95
w20091217_4
50年も前のワインを飲むのは初めてです。コルクがボロボロと崩れ落ちていて、とても自分じゃ空けられない。
最初は梅ジャムのようなにおいが強烈で飲むのに少し邪魔でしたが、ちょっと時間を置いたら香りと味のバランスが完璧になりました。
感動的な美味しさ。


Vega-Sicilia Unico 1960(ベガ・シシリア ウニコ)
MP: 96
w20091217_5
これも50年前!
これは最初から完璧なバランスでウットリする美味しさ。
先ほどのジスクールもそうでしたが、もはや葡萄品種の香りが、自分ではまったくわからなくなることに驚きました。
スペイン語で"Unico"はユニークという意味だそう。

Dom Perignon 2000(ドン・ペリニヨン)
MP: 89
w20091217_6
10年ぐらい前にドンペリを飲んだときは香りがしなくて、たいしたことないなと思ったのですが、今日のやつはシャルドネの香りがしっかりでていてとても美味しかった。
シャンパングラスでなく、ブルゴーニュのグラスで飲ませてもらったのもポイントみたいですね。

Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 1998(テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン)
MP: 87
w20091217_7
ムッとする強烈な香りのシャンパンでした。こんなの初めて。
名前忘れちゃったけど、すごく美味しいチーズを持ってきてくれていて、そのチーズとメイプルシロップとシャンパンがすごくマッチしました。

今週はおいしいワイン飲みまくった [1]

ワインでお世話になっている方の誕生会に、私も出席させていただいたのですが、すっごいワインをたっくさんいただきました。こんな贅沢をしているといつかバチ当たりそうです。

McKinnon's Shiraz 2007 (マッキンノンズ シラーズ)
MP(ミヤノポイント): 75
w20091215_2
オーストラリアワインで、料理と一緒にゴクゴク美味しく飲めるワインでした。
値段はなんと1000円未満だそうで、デイリーワインにもってこいですね。

Glorioso Gran Reserva 2001 (グロリオーゾ グラン レゼルバ)
MP: 80
w20091215_4
テンプラ100%のスペインワイン。リオハって有名な産地なんですね。覚えておこう。

Chateau La Tour Carnet 1997 (シャトー ラトゥール・カルネ)
MP: 85
だいぶ酔っ払ってきて写真撮り忘れちゃいました。美味しかった。

Penfolds Grange 1996 (ペンフォールド グランジ)
MP: 98
w20091215_1
オーストラリアワインの最高峰がこのグランジだそうです。
これまで自分が飲んできたワインの中で一番美味しいかもしれない。
香りも味も理屈抜きの正攻法な美味しさで、質実剛健。思いがけずすごいワインが飲めてしばらく感動してました。

Chateauneuf-de-Pape BARBE RAC 2001 (シャトー・ヌフ・デュ・パプ バルベラック)
MP:89
w20091215_3
すごく美味しいけど、グルナッシュの香りがちょっと苦手なので、私はグランジのほうが好きでした。

Dominique Gallois Bourgogne Rouge (ドミニク ガロワ ブルゴーニュ ルージュ)
MP: 62
すっぱくて、あまり味がしなくて美味しくなかった。
写真とビンテージは忘れてしまった。

foreachで回数ループ

最近は BOOST_FOREACHマクロがなくてはプログラム書く気がしないぐらいこのマクロが大好物である。

しかしループの対象がコンテナでなく、カウンタ変数である場合は仕方なく for文使う必要があって、少々気持ちが悪い。

ということで以下のちょっとした関数seq_rangeを考えてみた。「「1ずつ増加する任意の整数列」を表すrange」を返す関数だ。
// seq_range の定義
template<typename T>
std::pair<boost::counting_iterator<T>, boost::counting_iterator<T> >
seq_range(const T& s, const T& e)
{
    return std::make_pair(boost::counting_iterator<T>(s), boost::counting_iterator<T>(e));
}


// 使用例
void f()
{
    BOOST_FOREACH(int i, seq_range(0, 10)) {
      cout << i << endl;
    }
    // ↑は for (int i = 0; i < 10; ++i) {...} と同値
}
うーん、イマイチ?
こりゃ、素直にfor文使ったほうがいいな。

<< 2/29 >>