f(f(x)) = -x

最近また「メタマジック・ゲーム―科学と芸術のジグソーパズル」を引っ張りだして寝る前につまみ読みしている。
この本買ってからもう15年ぐらいたって、何回も読み直してるけどまったく飽きないな。というか、僕の頭脳にとっては内容が難解で、何度も読んでちょっとずつ意味がわかるってのが真相のような・・・

で、この本に載ってた数学の問題でやっと答えが解ったのがあるので紹介。

任意の実数xに対して、f(f(x)) = -x となる実数値関数fを1つ挙げよ。

fが複素数返してもいいならf(x) = ixってだけの問題ですが、実数しか使っちゃだめです。
すごいシンプルだけど、面白い問題ですね。

台湾最終日

台湾最終日は朝から晩までみっちりと仕事です。こっちでは当たり前なのか、それとも私に気を遣ったのかわからないけど、本当に昼ごはんの数十分以外にまったく休憩をとらずに打ち合わせが続きます。こっちの人のバイタリティには驚かされます。

夜は「士林観光夜市」にディナーに連れて行ってくれました。
taiwan19
深夜3時ぐらいまで喧騒が続くそうです。
taiwan17
屋台のステーキ。このボリュームでスープとパンもついてなんと500円ぐらい。味付けは辛めだけど美味しい。
taiwan18
これは豚の腸の煮込み。黒いのはアヒルの血を固めたものらしい。臭みがまったくなくて、モツが苦手な自分でもするっと食べられました。
taiwan20
イカの煮込み。味付けは中華丼の具に近いかな。
taiwan21
それにしてもすごい人出です。この写真とったのが夜8時ごろだけど、これでもぜんぜんすいてるそうで、夜9時以降になるとほんとに身動きが取れないほど人であふれかえるそうです。

さて、いよいよ明朝帰国です。短時間だったけど、すっかり台湾のファンになりました。ほんと、オススメの観光地です。絶対にまた来よっと。

台湾4日目

今日は日曜日。取引先の技術担当の朱さんが台湾を案内してくれました。
朱さんとは日本語はもちろん英語でのコミュニケーションにも苦労する状態でしたが、親切に一日中面倒をみてくれました。

taiwan09
まずは前から行きたかった世界四大博物館の1つといわれている故宮博物院。時間の都合上、超早足に1時間で見て回るという暴挙にでてしまった。いずれはじっくりと見て回りたい。

続いて陽明山という標高1000mぐらいの山々からなる高地。
taiwan10
朱さんと二人でマウンテンバイクで坂のぼったり、かついで山登ったりしました。
でも、なぜこんなことになったのかというと、台湾初日に自分の趣味がサイクリングという話をしたところ、朱さんもアウトドア好きでマウンテンバイクを複数台持ってるとのことで、是非サイクリングをしようということになったのです。
でもほとんどオフロードで、これサイクリングじゃなくて、シクロクロスのような・・・すごい楽しかったけど。

サイクリングの後は温泉で汗を流して、日本式の刺身定食をいただきました。
taiwan11
これまたちゃんと美味しいです。台湾には寿司ポリスはいらないですね。

そのあとは海岸線をドライブして、淡水というリゾート地でまたサイクリング。
taiwan12
今度はオンロードで、正真正銘のサイクリング! 前を走っているのが朱さんです。
taiwan13
川沿いににぎやかなお店が立ち並んで、いい場所です。日本にはこういうところはないかもしれない。

最後は台北に戻って、鼎泰豊(ディンタイフォン)で夕食。台湾に発つ前に、台湾いったらここで小籠包を食すべし!と友人に聞かされていたので、朱さんに頼んで連れてきてもらいました。
taiwan14
すごい数の日本人客で、1時間待ちの行列に並ぶハメに・・・朱さんには申し訳ないことをしてしまった。
しかし、料理はさすがにめっちゃ美味しい!!!
taiwan15
この小籠包はずば抜けた美味しさ。日本にも支店がいくつかあるようなので、また食べてみよう。

そんなわけで充実した一日を過ごさせてもらいました。また明日まじめに仕事して、あさって早朝に帰国です。
あっという間で、なんかさびしくなってきたなあ。

おまけ:
taiwan16
街を徘徊中に「浜松や」というお店を発見!
やっぱり、うなぎのお店らしいです。

台湾2&3日目

台湾2日目は招いてくれた会社の中で一日中打ち合わせでした。コンピュータ関連、特許書類関連、貿易関連の3事業を柱とした面白い会社で、社員がみんな若い!
いるだけで元気がもらえるような会社です。

taiwan05
お昼は鰻弁当をとってくれました。
鰻の味付けは日本とほぼ同じ。鰻の質もよし。ご飯の上には独特のいい香りがする惣菜がたっぷりとのっています。これで300円程度ということ。安い!

taiwan06
夜は台北市の隣の板橋市の有名な西洋料理屋に連れて行ってくれました。ステーキと魚がメインのコースで3000円ぐらいだったかな。これも安くて大変おいしい。
お子様ランチみたいな旗がかわいいですが、台湾では大人にもこういった旗を付けて供することがあるそうです。

三日目は昨日たっぷりと宿題がでたので、朝から晩までホテルに篭ってプログラミング。
お昼だけ街をちょっと歩いてランチを食べました。
taiwan07
有名な立ち食いの米麺を食べさせてくれるところ。カウンターもなく、みんなが道端でどんぶりを片手に麺をすすってました。
これで150円ぐらい。しかもめっちゃうまい。食の天国かもしれん。

おまけ:
食事は大変安いけど、ワインはちょっと高めみたいです。
ムートン カデ(Mouton cadet)がやたらとワインショップの目立つところに置いてありましたが、3000円以上します。サントリーのデリカワインも1000円ぐらい。大体、日本の倍ぐらい?
taiwan08
日本よりも割高にもかかわらず450円ぐらいのワインがあったので買ってみました。"DON SIMON"というスペインのワイン。ありえないぐらいまずくて、一口も飲み込むことができませんでした。とにかく臭い。

台湾1日目

ということで台湾に来ています。
セントレアから台湾までたったの3時間。自宅からセントレアまでも3時間弱。外国って気がこの時点であまりしないな。

到着したのが夕方なので、今日は仕事はなし!
taiwan01
取引会社の方々が飲茶をご馳走してくれました。
taiwan02
アワビのスープ。超うまい。というか料理全部超うまい。

たらふくご馳走になったあとは、私の宿のある西門町という界隈を簡単に案内してくれました。想像をはるかに超えるレベルで日本の文化が浸透していて、東京にいるのと感覚が変わらない。
taiwan03
しゃぶしゃぶ、すき焼き、セブンイレブン、モスバーガー、和民・・・日本にあるものは何でもそこら中に転がってます。
酒井容疑者(38)の保釈会見も普通にニュースでやってますし・・・

文化もセンスもそっくりなのに、言語だけ北京語。すごい不思議な感覚です。

おまけ:
taiwan04
エバー航空の機内食。ご飯の上のどす黒い何かは、鶏肉をどうにかしたもの。はっきりいって相当まずい。

<< 4/29 >>